東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ迷惑施設とはその1|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

住宅再生支援協会スタッフブログ

迷惑施設とはその1|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

 

本日は【衛生面と環境】への影響から反対される施設をご紹介したいと思います。

 

・保育園・幼稚園、小中高校、大学などの学校

・清掃工場・最終処分場

・下水処理場

・火葬場

・食肉処理施設

・核施設(原子力発電所、核燃料再処理工場、放射性廃棄物処理設備など)

・空港

・軍事施設

・バイオセーフティーレベルを扱う研究所

これらの施設は「忌避施設」「迷惑施設」「嫌悪施設」などと呼称されています。

 

上記のような施設が、購入または売却しようとする不動産の近隣にある場合も、

訳あり物件、つまり、“告知事項のある物件”となることがあります。

このような不動産物件を売買する際には、注意が必要です。

近隣施設、周囲の状況、物件の状況、それぞれについて売主さんは知っていることを

隠さずに話さなければなりません。

もし、知っていることを隠して不動産を売却したとしても、後日、買主さんがその事実を知り、

「そんな事実を知ってたら購入しなかったよ!!!」

と、言ってきた場合、最悪のケースとしては売買契約自体を白紙解約されてしまう可能性も

あります。

 

不都合な事実は伏せておけばいいとか、知らなかったことにしましょう、などと

安易にそそのかしてくるような不動産屋さんには注意しましょう!

当たり前のことですが、不動産物件の状況、知り得た事実については、きちんとお伝えして、

買主さんに理解・承諾していただいた上で売買契約を行うことがトラブル回避につながります。

 

事故物件・訳あり物件をお持ちでお困りの方、これから購入を考えている方、

是非一度ご相談ください。

 

 

~東京・横浜で事故物件の購入・売却するなら何でもお任せ!~

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神奈川県横浜市戸塚区品濃町542-6

一般財団法人 住宅再生支援協会

事故物件・訳あり物件情報センター

フリーダイヤル0120-260-119

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら