東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ駐車場や屋外で亡くなったら|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

新着情報

敷地内の駐車場や庭、玄関先などで殺人や自殺などの、事故が起こった場合にも事故物件として考えられます。

ただ、一戸建てやアパートの一室で殺人や自殺などの事故があった場合よりは、人によっては敬遠されないかもしれません。少しでも安く借りたいが、部屋の中で誰かが自殺したり殺された物件は無理という人でも、駐車場での事故なら考慮できるという方もいると思います。

駐車場が事故物件だった場合、その後も駐車場として貸す場合には、空き家が事故物件だったよりはさほど敬遠されないでしょう。ほとぼりが冷めるまでは、貸さないで待ったとしても、しばらくしてからまた駐車場として貸すのには、あまり抵抗なく借りてくれる人も多いはずです。

部屋の中は生活するスペースですから、仮に殺人や自殺があった場合、どうしても生々しく事故を想像してしまうという人も少なくありません。特に、深夜にトイレに起きた時になんだか怖くて眠れないなどという思いをしたくないので、事故物件には住みたくないという人も多いです。

そう考えれば、駐車場や屋外で亡くなった事故物件も、多少、敬遠されますが、室内での事故ほどでは無いでしょう。また、事故物件だったとしても、一旦、更地にして新しい建物や駐車場などになっていれば大丈夫という人も多いです。

 

ご相談は24時間受付中!

お気軽にお問い合わせください。いつでもお待ちしております!

 

~東京・横浜で事故物件の購入・売却するなら何でもお任せ!~

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神奈川県横浜市戸塚区品濃町542-6

一般財団法人 住宅再生支援協会

事故物件・訳あり物件情報センター

フリーダイヤル0120-260-119

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら