告知義務は大切②|事故物件・訳あり物件情報センターブログ|住宅再生支援協会のブログ, 新着情報 | 事故物件・訳あり物件情報センター
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ告知義務は大切②|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

新着情報

事故物件の場合、その後別の誰かが住めば事故物件でなくなると思われている方も多いようですが、そんなことはありません。

何年以上経ったからといって、その後何人住んだらからといって、告知の義務がなくなるかというとそうではないようです。

告知の義務に明確な定義がないだけに、このように思われている方が多いように思いますけどね。

物件でどなたかが亡くなってしまった…などの心理的瑕疵がある場合、それを知っている以上売却や賃貸の際にはきちんと伝えないといけません。

 

所有している物件が事故物件になってしまったら、困ってしまいますよね。

そんな時、別の誰かに住んでもらったら事故物件でなくなるかもしれない!…そんな風に思うかもしれません。

ですが、伝えなかった事によって、後のトラブルに発展をしてもそれはそれで大変なのでご注意ください。

 

~東京・横浜で事故物件の購入・売却するなら何でもお任せ!~

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神奈川県横浜市戸塚区品濃町542-6

一般財団法人 住宅再生支援協会

事故物件・訳あり物件情報センター

フリーダイヤル0120-260-119

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら