東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログえっ?こんな状況も? |事故物件・訳あり物件情報センターブログ

新着情報

こんにちは。

今回は身の回りに起きている「これも?こんな状況も?事故物件になるの?」なんて状態を綴ってみました。

物件そのものには何ら問題がなかったとしても、

その周辺の環境に問題があるのであれば

『環境瑕疵(かし)物件』と呼ばれ

買い手が付きにくいことがあります。

 

そういった環境瑕疵物件の代表的なものを

ご紹介していきたいと思います。

 

①眺望障害・日照障害

●眺望が売りの物件を購入したが、

隣に、マンションが建ってしまったので見えなくなった

●年中日当りが良い事を条件に購入したにもかかわらず、

冬は1日中日影になってしまっている

●隣に大型のビルが建った為、

それまで当たっていた日差しが遮断されてしまった。

 

②道路沿いなどの立地による 騒音被害・振動被害

●繁華街が近く、時間に関係なく騒ぎ立てる声が聞こえる

●道路の傍にあるため、電車が来るたびに

 音が響き、家が揺れる

●大型トラックが家の前の道を通るだけで揺れる

 

③風向きなどの原因による悪臭被害

●500メートル風上にある養鶏場の臭いが流れてくる

●道路の向かいの工場から不快な臭いがしている

●近隣にごみ収集場があり、窓を開けると家の中まで臭ってくる

 

④近隣に火葬場・墓地・ごみ集積場がある

●近所に火葬場が作られ、家の前を通る

 霊柩車に居心地の悪い思いをしている

●隣に墓地があり

 窓を開けるたびに目に入り気味が悪い

●近隣にごみ集積場があり集められてくる

 ごみを目にすることがあり気分が悪い

 

⑤近隣に暴力団の事務所がある

  または暴力団関係者の家がある

●暴力団関係者の自宅が

 子供の通学路の途中にあり何かありそうで不安だ

●購入後に噂で暴力団の事務所が、近隣にあるらしいと聞いた

事前に聞いていれば買わなかった

●近隣に宗教団体の事務所があり迷惑な勧誘が多い

 

⑥近隣住人とのトラブル

●家から50mのところにごみ屋敷があり

 そこの住人に嫌味や文句を言われる

●隣家の住人が毎晩大音量で音楽を

 聞いていてうるさい、説得しても改善されない

●外壁に落書きをしたり、庭にごみを投げ込んでくる人がいる

●みんなが使う道路なのに毎日のように、路駐していたりマナーが悪い

 

環境瑕疵は他の瑕疵とは違い、物件自体が抱える問題ではないため

買い手が実際に暮らしてみないと気付かないであろう問題や

近隣の住宅・建築事情などの情報を明確にしておくことが必要となります。

更に、他にも瑕疵が無いかどうかを、知識を持つ仲介業者と慎重に調査し、

その上で事前に口頭や書面で買い手に瑕疵を告知したのであれば

隠れた瑕疵は発生せず綺麗に売却を終えることができます。

また、瑕疵担保責任は売手が個人である時に限り

瑕疵担保責任を負わないという特約の付与や

責任を負う期間の設定を自由に行うことができます。

 

 

事故物件だから…といって諦めず、

まずはぜひ事故物件・訳あり物件を専門としている

事故物件・訳あり物件情報センターへお気軽にご相談ください!

 

~東京・横浜で事故物件の購入・売却するなら何でもお任せ!~

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神奈川県横浜市戸塚区品濃町542-6

一般財団法人 住宅再生支援協会

事故物件・訳あり物件情報センター

フリーダイヤル0120-260-119

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら