東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME事故物件訳あり物件情報センター不動産における事故物件の定義とは?

住宅再生支援協会スタッフブログ

不動産における事故物件の定義とは?

不動産では、どういった物件が事故物件と呼ばれるのでしょうか。

事故物件とは、基本的には入居者が死亡した場所となった物件のことを指します。

原因はさまざまですが殺人や自殺のイメージが強いですが、自然死も含まれます。

そこで気になるのが事故物件の定義

実は、誰かが死亡しても必ずしも事故物件として扱われるわけではなく基準はとてもあいまいです。

もちろん、凄惨な札事件などが起きた物件ならばニュースなどテレビ等のメディアに出てしまうことも多く

事故物件」になる可能性は非常に高いといえます。

しかし、誰かが亡くなった部屋=事故物件というわけでもなく判断基準はあいまいなのです。

そこで心配になるのが、業者が事故物件を隠してしまうことです。

実は、不動産業者がそのようなことをしないように法律があります。

宅地建物取引業法のルールの中に「瑕疵(かし)担保責任」という入居者の不利益を防ぐための法律があり事故物件を告知する義務があるのです。

事故物件であることを隠してその部屋に入居させた場合、

その事実を入居者が後日知ってしまった際に借主は貸主に損害賠償を請求することができます。

そのようなトラブルを未然に防ぐためにも不動産業者は入居者に事前告知をするのです。

 

もしも入居後に事故物件であることを知った場合には、引越しにかかった費用やこれから引越しにかかる費用なども負担してもらえる可能性が非常に高いといことも知っておきましょう。

 

 

ご相談は24時間受け付け中!

お気軽にお問い合わせください。いつでもお待ちしております。

 

~東京・横浜で事故物件の購入・売却するなら何でもお任せ!~

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神奈川県横浜市南区大橋町3-66-1

事故物件・訳あり物件情報センター

フリーダイヤル0120-260-119

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら