東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ事故物件の認識 |事故物件・訳あり物件情報センターブログ

住宅再生支援協会スタッフブログ

事故物件の認識 |事故物件・訳あり物件情報センターブログ

事故物件と聞くと、「家賃が低い」「殺人事件が起きた場所」などを思い浮かべる方も

多いと思います。他にも、「幽霊が出る]「前の入居者が亡くなった」などもありますが、

これらの理由だけが事故物件と呼ばれるのではありません。

 

事故物件であることを借り手に隠す行為は、宅地建物取引業法47条の

「故意に事実を告げず、又は不実のことを告げる行為」

に該当するため、不動産屋さんには借り手に対しての告知義務があるので、

事故物件とは知らずに入居してしまった・・・と言うことは本来ないはずです。

 

たまに「事故物件に住んでみたい」と言う方の話を聞くこともありますが・・・

安易に考えず、まずは不動産屋さんに物件の状況などを確認し、ご相談しましょう。

 

好立地なのに家賃が安いから・好奇心から・・・などと言う理由のみで入居することは、

あまりオススメできません。

事故物件=心理的瑕疵のある物件、ですので、感じ方は人それぞれです。

安さに飛びつくのではなく、きちんと物件について調べて検討しましょう。

 

 

~東京・横浜で事故物件の購入・売却するなら何でもお任せ!~

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神奈川県横浜市戸塚区品濃町542-6

一般財団法人 住宅再生支援協会

事故物件・訳あり物件情報センター

フリーダイヤル0120-260-119

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら