東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログGWで注意する事|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

住宅再生支援協会スタッフブログ

GWで注意する事|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

久々の連休に羽を伸ばして旅行される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、自宅が留守になりがちなゴールデンウィークは、空き巣被害が多発する傾向にあります。

 

何日も家を空ける場合は、戸締まりの徹底はもちろん、「室内の明かりやラジオをつけて、

家に人がいるように見せることも効果的」との事です。

侵入場所は窓が6割、玄関が2割を占めています。

玄関ドアの鍵付近をバールで壊したり、窓ガラスの錠付近をドライバーなどで割ったりして

侵入する手口が多いです。

 

いわゆる「事故物件」の告知事項には該当しにくいかもしれませんが、空き巣に入られた

ことがある、という事実は、どうでしょう・・・もしご自身が家を購入する際には、過去に

そんな事実があれば、やっぱり知っておきたいと思いませんか?

 

窓や出入口に補助錠をつけていた住宅では、ガラスなどを割られたものの、家の中には侵入

されなかった、という事例があります。やはり、侵入者は侵入に時間をかけることを嫌うよう

ですので、補助錠など比較的簡単に導入できる方法から始めてみましょう。

 

ほかにも、扉が開くと反応してブザー音が鳴る警報器や、人影を感知して光るセンサーライト

なども有効とされていますので、侵入盗被害や、窃盗犯に遭遇し、事件・事故に遭わないよう

積極的に対策を行っていきましょう。

 

 

~東京・横浜で事故物件の購入・売却するなら何でもお任せ!~

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神奈川県横浜市戸塚区品濃町542-6

一般財団法人 住宅再生支援協会

事故物件・訳あり物件情報センター

フリーダイヤル0120-260-119

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら