東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ空き家デメリット|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

住宅再生支援協会スタッフブログ

空き家デメリット|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

2033年に空き家は2150万戸、空家率が30.2パーセントに達するという予測が出ており、

これは、日本の住宅の約3戸に1戸が空き家になってしまう危険性があるということになります。

 

このような様々な空き家の問題というのは、事故物件にも言えることではないでしょうか。

 

事故物件を空き家にしてしまった場合…

例えば、実家等で住人が孤独死をしてその家の借り手も見つからない上、

家族が住む事もできない等、様々な理由から仕方なく空き家となってしまうことがあるかと思います。

 

しかし、空き家である為、掃除などもされないままですと、建物の劣化も進んでしまいますし、

誰も住んでいない家というのは傷みが早いということも言われています。

その家の価値が、空き家にすることで大幅に下がってしまうことも考えられます。

事故物件の売却でお悩みの際は、まずはご相談下さい!

 

~東京・横浜で事故物件の購入・売却するなら何でもお任せ!~

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神奈川県横浜市戸塚区品濃町542-6

一般財団法人 住宅再生支援協会

事故物件・訳あり物件情報センター

フリーダイヤル0120-260-119

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら