東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ子供への虐待|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

住宅再生支援協会スタッフブログ

子供への虐待|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

こんにちは、

東京・横浜で事故物件を購入・売却するなら何でもお任せ!

事故物件・訳あり物件情報センターです。

 

 

近年、子供への虐待のニュースが後を絶たず、日々、ニュースで目にしているように思います。

海辺 子供の後姿

 

そんな中、虐待により年間で約350人もの子供の命が奪われている可能性があるとした推計を、

日本小児科学会がまとめたそうです。

2011~2013年の厚労省の集計では年間66~99人で、

今回の集計は、この集計人数の3~5倍ということでした。

 

防げる子供の死を分析する為に日本小児科学会が調査を行い、

この調査を行った小児科医が活動している【東京都・群馬県・京都府・北九州市】の自治体で

11年に亡くなった15歳未満の子供368人を分析し、

全国で亡くなった15歳未満の子供約5千人の約7%になるとの結論に至ったそうです。

死亡診断書では把握できないものに関しては、調査用紙での回答や聞き取り等を行い、

結果、全体7.3%にあたる27人に関して、虐待による死亡の可能性があると

判断がなされたということです。

そして、この割合を全国規模に換算した場合、約350人ということです。

 

どのような理由であれ、人が亡くなり事故物件になることは悲しいことですが、

未来ある幼い命が奪われ、事故物件が増えていってしまうこともとても悲しいことです。

 

【オレンジリボン運動】という子供虐待防止運動があります。

虐待問題に関心をお持ちの方は、オレンジリボン運動公式サイトを

ご覧になってみてはいかがでしょうか。

赤ちゃん 足

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神奈川県横浜市戸塚区品濃町542-6

一般財団法人 住宅再生支援協会

事故物件・訳あり物件情報センター

フリーダイヤル0120-260-119

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら