東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ空き家|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

住宅再生支援協会スタッフブログ

空き家|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

こんにちは、

東京・横浜で事故物件を購入・売却するなら何でもお任せ!

事故物件・訳あり物件情報センターです。

 

今、全国に空き家が増え続けて問題になっています。

事故物件についても、所有者がそこに住まなくなってしまったり、

事故物件を所有された方がそのままの状態で放置してしまい、空き家となってしまうことがあります。

一般的に空き家が増えている理由としては、

・解体費用等がかかる為

・相続された方が遠方で特に何もしていない

・思い入れがあり壊せない等の心理的な理由

・相続した兄弟の仲が悪く、売却等の話が進まない…等。

その他理由は多々あると思いますが、主に上記のような理由のようです。

 

現在は【空き家対策特別措置法】というものがあります。

・放置していると倒壊等保安上の危険が考えられる

・放置していると衛生上問題がある

・景観を損なってしまっている

・周辺地域の環境を守る為に放置できないと判断される

上記が判断材料となり、当てはまれば特定空き家等ということです。

この特借法は、国や公共団体が所有、管理しているものを除き、

家屋に限らず条件の当てはまる建物であれば対象になるのです。

 

特定空き家になった場合、まず市町村が空き家の所在と状態、所有者を確認する等、

現地調査・現況確認を行い、その後、猶予期間内に改善が見られなかった場合に強制対処という形になるようです。

 

空き家所有者の中には、問題を軽視してしまっている方は多いかもしれませんが、倒壊等の危険だけではなく、

地域にかける負担が多いことを忘れてはいけません。

特借法の対象から強制対処となる前に、現状の改善を試みることが得策ではないでしょうか。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神奈川県横浜市戸塚区品濃町542-6

一般財団法人 住宅再生支援協会

 

事故物件・訳あり物件情報センター

フリーダイヤル0120-260-119

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら