東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ再建築不可とは|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

住宅再生支援協会スタッフブログ

再建築不可とは|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

建築基準法により、

・敷地に接する道路幅が4m以下。

・接する道路幅は4m以上でも、

       道路に接する敷地が2mより狭い


上記のような土地に建つ物件は、

家を新たに建てることができません。


これは接道義務として定められており、

これを果たさない物件を未接道と呼びます。





一般的に再建築不可の物件のほとんどが

これに該当します。


ではなぜ未接道の物件は

再建築ができないのでしょうか?


大きな理由として、

緊急車両が敷地内に入れない

という問題があります。


例えば火災が発生した場合、

消防車の出入りができず

消火活動に影響が生じます。


敷地内での危険性や隣家へ与える損害が

考えられるため、その土地に新たに

建物を建てることが禁止されています。


しかし、再建築不可の状態を

解消できるケースがあります。


例えば、道路幅が4m以上あっても

道路に接する敷地が2mより狭いため、

接道義務を果たしていない物件を例に挙げます。


この物件を売却したい場合、

土地所有者が敷地内に私道を設け

2mより狭い接道の幅を広げる必要があります。


その私道が市区役所などの特定行政庁から、

建築基準法場の道路として

位置指定道路に認められると、

物件の再建築が可能になります。


しかし位置指定道路として認可されるには

市区行政の定めた基準適合が条件であり、

接道の問題以外にも金銭面や時間の問題で

あまり現実的ではありません。




    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

    神奈川県横浜市戸塚区品濃町542-6

    一般財団法人 住宅再生支援協会

     フリーダイヤル0120-260-119

    相談員 渡邉

    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら