東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ液状化現象|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

住宅再生支援協会スタッフブログ

液状化現象|事故物件・訳あり物件情報センターブログ


液状化
とは、砂質土がゆるく

堆積した地下水位の高い地盤が

地震による振動により液体状になる現象です。






地面よりも比重の大きな建造物が

埋もれて傾きや倒壊が発生したり、

逆に比重の軽い埋設管が浮き上がることで

破断が発生します。


建造物の構造自体が耐震性に優れていても、

それを支えている地盤が液状化してしまった場合は、

被害を避けることができません。





かつて池沼があった土地などで、

液状化は発生しやすくなります。


こちらも地盤沈下の問題と同じく、

事前に土地を調査し、液状化対策の地盤改良を

行うことで被害を抑えることができます。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 渡邉

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら