東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ違反建築物の売却について③アスベスト|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

住宅再生支援協会スタッフブログ

違反建築物の売却について③アスベスト|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

最後に、アスベストについて。



アスベストは厳密には違反建築ではありません。


アスベストが健康被害を及ぼすのは

何らかの原因によって飛散する

可能性がある時だけです。




二種類あるアスベストのうち

吹き付けアスベストの場合

吹き付け部分が露出しており、かつ、劣化の進行が

著しい状態のみ早急な除去・補修が必要となります。


建材として利用されているアスベストは

固定化されている為、損傷いていない状態であれば

飛散の恐れはなく、建材を丸ごと取り外すことで

除去できます。




また、規制前に建築されたアスベストが使用されている

建物については、増改築時にアスベストの除去が

義務付けられていますが、

増改築面積がそれ以前の床面積の

1/2を超えない場合、修繕や模様替えの場合は

除去ではなく封じ込めや囲い込みの措置が

許容されており工事費用を抑えることができます。





アスベストの使用状況と増改築の規模によっては

建物自体を取り壊すことなく

安全に利用できる状態で売却することも可能です。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 渡邉

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇







事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら