東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME住宅再生支援協会のブログ事故物件・訳あり物件・心理的瑕疵物件|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

住宅再生支援協会スタッフブログ

事故物件・訳あり物件・心理的瑕疵物件|事故物件・訳あり物件情報センターブログ

物件、もしくは周辺の環境に何らかの事情・事件があり、

その内容を買い手に告知する義務のある不動産物件を

一般的に『事故物件』や『訳あり物件』、『心理的瑕疵物件』と呼びます。


例としては以下のようなものがあげられます。



・死亡物件

 自殺や死亡事故、殺人などの人命にかかわる事件があった物件




・災害

 過去に火事や水害などの被害を受けたことのある物件、

 またはこれから受ける可能性のある物件





・周辺環境

 近隣に墓地や工場のある物件

 

 火葬場やごみ処理施設が近辺にある物件

  

 周囲に宗教関係の施設がある物件

 またはかつて宗教関係の施設が建っていた土地

 

 近辺に指定暴力団組織の事務所がある物件


 


これらの物件は、宅地建物取引業法の第47条によって

仲介業者などの売り手が買い手に告知する義務が発生します。


そのため「そういう物件はちょっと・・・」と忌避されることが多く

買い手がなかなか見つからないために物件を

抱え込んでしまうケースが多いといえます。





 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 渡邉

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら