東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

住宅再生支援協会スタッフブログ

高齢化社会


近年、日本では高齢化が進み、「独居老人の孤独死」が増加傾向にあります。



理由は家賃や支払が滞納されて、何度連絡しても応答がないからマスターキーでドアを開けたら……


従って家賃を前払いしていたり、自動引き落としの場合は発見が大幅に遅れます。


男性の未婚率に加え、熟年離婚も増加傾向。

今後、独居老人が増え続けるのは確実で、都市部での近所づきあいの過疎化、親子関係の希薄化も加わり、いっそう孤独死の発生件数も増えていくことが予想されます。


「事故物件」は、これからの日本が避けて通れない問題になってくると思いますが

家族や友人と久しぶりに会話したり、
たまには会ってお話することで変わってくる問題も多くあると思います。



孤独死の第一発見者は、意外にも家族や友人、近所の人たちではなく、大家さんや不動産管理会社の場合が多いです。

近隣だけだ無く、遠くに住まわれている両親や友人がいらっしゃいましたら

たまに連絡を取って、お話してみてはいかがでしょうか。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 渡邉

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら