東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

HOME事故物件訳あり物件情報センター宝くじを買う人買わない人

住宅再生支援協会スタッフブログ

宝くじを買う人買わない人


皆様 こんにちは。

消費増税のため清涼飲料水の値段や銀行手数料も上がってしまうといった事を受けてか日銀の金融緩和期待により海外ファンドが日本株式を買うのではないかとの意見が高まっています。
これを機に皆様も株を始めるのはいかがでしょうか。

宝くじにでも当たったら考える。
そんな話をする方がいますが、当たれば行動の選択肢がかなり増えます。
海外旅行に行ってもよいですし、高額当選でしたら会社をやめることを考えるかもしれません。

ただし「当たれば」の話ですが。

今回宝くじの一つである「ビッグ」が過去最高売り上げを記録しました。
理由をご存知の方も多いかとは思いますが、キャリーオーバーが続き一等の当選金額が10億2円まで引き上げられたことが理由です。
また、年末ジャンボでは前後賞合わせて7億円とこれまでよりも高額になります。

この当選確率はどれくらいでしょうか。
ジャンボ宝くじは1ユニットあたり1000万通りあるので当選確率は1000万分の1.前後賞合わせても1000万分の3です。
これは他の例で例えると、東京ドームいっぱいに敷き詰めた新聞紙の一番小さい文字の一つに当たる確率です。当たる気がしません。
交通事故で亡くなる確率と比べると450回亡くなる確率と同じだそうです。飛行機事故は1091万分の1なのでほぼ同じ確率だそうです。
意外と飛行機は安全なのですね。

ただ、面白い確率を出している方もいらっしゃいました。
当たる人の割合で考えるとかなり確率が高まります。
宝くじHPのデータで最近1年間に月1回以上宝くじを購入しているのは13.4%で約1424万人。
今回ジャンボ宝くじで高額当選する方の人数は204人。
204/1424万で約6万9803分の1となります。1000万分の1からすると約7万分の1という数字はかなり当たりやすい数字に見えます。

それでも「こんなもの当たらないからお金の無駄だ」と買わない人も多いでしょう。
逆に買う人は口を揃えて「買わなければ当たらない」といいます。
どちらが正しいとは思いませんが、一番の醍醐味は当たったら何をしようと取らぬ狸を数えている瞬間を楽しめない人は買うべきではないのかなと思います。

皆様は宝くじが当たったらマイホームを。と夢見ている方もいらっしゃるとは思いますが、私どもが提供するの物件は宝くじが当たらなくても見据えることが出来る現実的な物件が多数あります。宝くじを買ったその後に私どものHPから会員登録をしてはいかがでしょうか。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 安達慶一

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら