東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

住宅再生支援協会スタッフブログ

偽造と指標


皆様 こんにちは。

先日食品偽造の話題に触れましたが、阪急阪神ホテルズに続き札幌のホテルでもメニュー偽装があったと報道があるこの事件、未だに尾を引いています。
それだけでなくヤマト運輸のクール宅急便に関連してファミマの冷蔵施設の作業記録の偽装が見つかりました。

『偽装』で検索すると意外なことに家族に関することが多く出てきます。「偽造結婚」「偽装家族」「偽装離婚」。
このうち偽装家族は次のフジテレビでの連続ドラマに関するものが多いですが、気になるのは偽装結婚です。2011年の記事ですが、警視庁調べで前年度の同じ時期と比べ1.5倍になっており、2006年にビザの厳格化がされた代わりに増加傾向にあるようです。

未だに景気は好調とは言えませんが、それでも周辺国と比べると恵まれていることを実感します。

ちなみに日本のGDPはUSドル換算で世界第3位。2009年までは第2位の日本でしたが、2010年には中国に抜かされ以後中国が第2位となっています。それに続いてドイツ、フランス、イギリス、ブラジルと主にヨーロッパの先進国などが続きます。
やはりこれを見ても日本はまだまだお金持ち国家ではあるということが分かります。
国の借金が1000兆円を超えたとの報道がありましたが、海外への貸付の額も多く個人金融資産の合計は2013年には1570兆円という調査もあります。人口統計から国民の数が12,730万人いるので一人当たり1,233万円持っている計算になります。
これは子供も高齢者も入っているので完全な平均ではありませんがひとつの指標ではあるかと思います。

指標繋がりでは2011年の調査で住宅の取得時平均像があります。
年齢39.7歳、家族数が3.7人と比較的大人数になっています。恐らく2世帯住宅があるためでしょう。
平均年齢の前に住宅購入の為にお金をためている方もいれば、出遅れてしまった方もいらっしゃると思います。
そのような方でも私たちに一度ご相談ください。
皆様に最も合う物件を御紹介します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 安達慶一

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら