東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

住宅再生支援協会スタッフブログ

未だ残る問題


皆様 こんにちは。

東京オリンピック開催決定でアベノミクスも後押しを得て、これからの消費増税が確実視されている中、やはり経済への影響が懸念されるという論調も出てきます。
“失なわれた十年”のトラウマから消費増税に根深い反対意見を持つ方もいるのでしょう。
ただ、政府内、9日に行なわれた党税制調査会小委員会ではすでに増税を織り込み済みで増税後の景気対策について話し合われているそうです。
10月までに発表される統計にもよるのでしょうが増税はほぼ間違いないと考えてよさそうです。

そんな安倍首相ですがオリンピックでのプレゼンテーションで福島原発について「完全にブロックされている」「コントロール下にある」との発言をしました。
ところが後日開かれた東京電力の記者会見では安倍首相とは違った「一日も早く状況を安定させたい」との答えが返ってきました。
まだまだ原発問題は続いているようです。

ここ数日のニュースを見ても原発に関する記事が飛び交っています。
福島の若者が故郷離れをしつつある為地域社会が成り立たない状況にあるという記事や地下水から高濃度の汚染水が流れ出したというニュース、今日11日の記事でも大震災から2年半経過で29万人もの方が未だ避難しているというものもありました。
現在ニュースでは大きく取り上げられませんが、福島第一原発は終わった問題ではないということをしっかりと認識しなくてはいけません。

早急な解決を望んでいますが収束は見えていないのが現状です。
このような福島から避難してきて職を失った方、資金的に厳しいが商業用地が必要と考えている方がいらっしゃれば私どもがお役に立てられるのではと考えております。

ご相談ください。お待ちしております。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 安達慶一

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら