東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

住宅再生支援協会スタッフブログ

危険への備え


皆様 こんにちは。

先日の福知山爆発事故で怪我を負った小学五年生の少年が亡くなりました。
その結果、大会実行委員会からは出来る限りの保証をするとして被害者に見舞金を支払うという会見を行いました。
この事故の詳細は検証中ですが、恐らくの原因はガソリンの携行缶からの火災だそうです。
携行缶の扱いさえ間違えなければこの事故は未然に防げたのかと思います。

JR東海では新幹線の見習い運転士の指導中、携帯でメールをしていたことが分かりました。運転中に私用のメールをするなどという事はあってはならないことですが、これによって起こる事故を未然に防げたことは評価したいと思います。

今回のように事前のチェックや注意を怠らなければ防げるものもありますが、大災害ではこのようにはいきません。

このところ都内でも集中豪雨が何度もありましたが島根で冠水するほどの豪雨で一時間当たり100mmの雨が降りました。その結果道路ではひざ下まで水没し、最も酷い場所では店舗の中で腰ほどの高さまで水が来たそうです。
しかもそのスピードが速く、たった10分で店が水没したそうです。
ここまで来ると水を掻き出すことも間に合わずどうすることも出来ません。

さすがにここまでの災害が起こる地区はあまりありませんが、リスクは少ないに越したことはありません。
そのためにも物件の情報は重要になります。
会員登録は無料ですので是非私どものHPからご登録後ご相談ください。
事故物件、訳あり物件からお得で安全な情報をお出しできるかと思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 安達慶一

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら