東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

住宅再生支援協会スタッフブログ

情報とTwitterと流出


皆様 こんにちは。

8月2日「天空の城ラピュタ」が放送された際、滅びの呪文「バルス」を唱えた瞬間に1秒当たりのツイート数が世界一を記録したとの話題がありました。
これまであったmixi、Facebook等といったSNSの一つですがこのTwitter、今少々問題が起きています。

140文字以内のつぶやきを投稿する形式でカテゴリ分けすると”ミニブログ”というジャンルになるそうです。

この140文字以内という手軽さからちょっとした日常の面白かったことを投稿するものの中に企業に不利益を与えてしまう投稿が相次ぎました。

コンビニチェーン店のアイスケースに入り込み写真をアップロードしたため休業に追い込まれたり、ハンバーガーチェーン、フランチャイズ弁当店、レジカウンターでふざけたコンビニ店員、ステーキ店といくつもの悪ふざけ写真が広まりました。

これまではこのようなことがあったとしても一般に出回ることは無く仲間内で収まっていたかと思いますがTwitterでは全世界にばらまかれてしまいます。恐らくこういった悪ふざけをした人はインターネットで情報を流すことを公共の場にさらすとの考えが欠如しているのでしょう。

”ネットリテラシー”という言葉がありますがこれはインターネットの情報を正しく扱えることを指す言葉です。
これまでは目的の情報をどのように得て利用するかに重点が置かれてきましたが、これからは情報を発信する場合についても考えなくてはいけない時代になりました。

不動産も様々な情報がネット上を飛び交っています。
以前は自己物件というと広くは公開されていない情報でしたが、現在はその情報を公開しているサイトもあります。
私どもに至っては事前に自己物件だと公表をしているので悪い面が流出するということはありませんが、やはり本物の、良い情報というものはなかなかネットに流れていません。
より良い情報を得るために是非私どもの会員限定情報をご覧ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 安達慶一

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら