東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

住宅再生支援協会スタッフブログ

印象と中身


皆様 こんにちは。

三井不動産がこのたび中国の上海でららぽーとを開業することに決めました。
中国は景気後退説もよくささやかれていますがまだまだ事業展開の余地があると判断したのでしょう。

また、中国ではNZ産の粉ミルクに有害物質が入っていたとのことで現在禁輸しているようです。
景気が良くなり食品の安全性にも気を遣う人が増えてきたということでしょうか。日本では食の安全性はよく話題になっているので食糧の輸入先である中国が今後もより食の安全性に気を遣ってもらえるようになることは喜ばしいことです。

近頃、安全性で問題になっている物の一つにカネボウ化粧品があります。美白化粧品を使ったら肌に白い斑点が出来てしまったという問題でしたが、この「薬用化粧品」という言葉自体にも誤解があるようです。
薬用といえば、通常の化粧品や石鹸などと比べて「より良い成分が入っているので肌に良さそう。」という印象を持っている方は多いのではないでしょうか。

実はこれは大きな間違いです。
薬用成分は確かに通常の化粧品より殺菌効果が高かったり消臭効果が強かったりとありますが、肌へのダメージはその分強くなります。
そのため薬用は用法・用量をきちんと守らなくてはいけません。

印象が中身とかけ離れてしまう事はよくある事なのでしっかりと見極めることが大事です。
家電などでも無名メーカーが有名メーカーより売り上げがあるということはあります。
家電売り場などで同じ用途、別メーカーの商品を置いておき、無名メーカーの方が性能がいいですよと宣伝するとやはり売れていくそうです。
後発の無名メーカーにも関わらずこのイメージ戦略で成功したのが「ブラウン」ではないでしょうか。CMで道行くサラリーマンに髭を剃ってもらうというのは印象に残るPR方法です。

有名メーカーだという表面的な印象で中身をしっかりと見定めないと言うことは、得を出来ないどころか損をしてしまうことになりかねません。

物件も同じことです。「事故物件」というなんとなくの『印象』のみで判断して住宅の間取り、土地柄、価格といった『中身』を見ていない方はまだまだいらっしゃいます。
皆様はそのような判断はなさらないようお気を付けください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 安達慶一

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら