東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリアの事故物件・訳あり物件情報センター

住宅再生支援協会スタッフブログ

電車の事故


皆様 こんにちは。

このところニュースでホームから落ちてしまうという事故を聞くことがあります。
これらの事故は分類としては「輸送障害」といい、車や人が電車と衝突する「鉄道事故」とは別に扱われます。
16日のニュースでは高齢の女性が電車とホームの隙間から落ちてしまい骨折をし、結果的に出血性ショックで亡くなってしまったという事故がありました。
その他、別のニュースでは同じようにホームと電車の隙間から落ちてしまい、知り合いが駅員に助けを求めたものの落とし物と勘違いして車両を発車させてしまうという事があったようです。この方は怪我もなく無事にホームに戻れたようですが怖いですね。
この輸送障害の数は平成23年のデータでJR在来線だけでも1,119件。一日当たり3件の輸送障害がある計算になります。

このようなホームからの転落などを少しでも防ぐため条例で規制をしようという声が出ています。
内容は「スマホを凝視しながら10歩くと2,000円の罰金」などとまだ詳しくは決まっていませんが少しづつこういった規制は出てくるかと思います。
実際にニュージャージー州では歩きスマホに関する規制が既にあり、今後もより厳しくなるでしょう。
マナーがあればこのような規制も出てくることはないとは思いますが安全のためやむを得ないのでしょうか。

どちらにしても電車での通勤は苦痛です。
どうせなら職場は事業のはかどる場所でありながら近い方がいいに越したことはありません。
「そんな都合のいい場所あるわけは無い」とあきらめる前に自営業者の方は店舗物件を、それ以外の方でも住居用の物件が数多くあります。
電車通勤に嫌になった方はとりあえず会員登録をしてみてはいかがでしょうか。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

東京都港区新橋5-10-8

一般財団法人 住宅再生支援協会

 フリーダイヤル0120-260-119

相談員 安達慶一

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


事故物件のご売却でお困りの方はご相談下さい。

売りたいけど、困っている方は今すぐご相談を!

無料相談はこちら